So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

医療・介護施設の横断調査を実施―保険・老健両局(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の保険医療課と老健局老人保健課は6月15日までに、一般病棟や医療療養病棟、特別養護老人ホームや老人保健施設などの利用者に関する横断調査を実施することを決めた。2012年の診療報酬と介護報酬の同時改定を見据え、病状が安定した慢性期の患者や、介護施設の利用者の実態を正確に把握することを目的としている。

 療養病棟などでは、必ずしも医療サービスを必要としない患者の入院があるとされる一方、介護施設では医療行為を必要とする入所者が増えており、関係者からは、慢性期医療や介護にかかわる施設の利用実態について、正確に把握・比較できるデータが必要との声が上がっていた。さらに今年2月には、中央社会保険医療協議会(中医協)でも「慢性期入院医療の在り方を総合的に検討するため、一般病棟や療養病棟、障害者病棟を含めた横断的な実態調査を行う」とする答申が出たことから、同省の保険局と老健局は、介護施設と慢性期医療に関わる医療機関の利用者を同じ基準で調査し、その実態を正確に把握・比較できるデータを作成する方針を固めた。

 調査の対象となるのは、一般病棟のほか、医療療養病棟や障害者施設、特殊疾患病棟、在宅療養支援病院や同診療所、介護療養型医療施設、老健、特養など、慢性期医療と介護にかかわる約1400か所の施設。疾患の概要や要介護度、今後の生活や療養の場に関する本人や家族の希望など、それぞれの施設の利用者について詳細なアンケートを行う。

 同省では、8月をめどに結果を取りまとめ、速報値を発表する予定。



【関連記事】
介護が政治に望むこと(5)「平均在院日数など盛り込み『質』を評価する報酬改定を」―日慢協・武久洋三会長
在宅復帰率や医療区分の改善率に基づく評価を―次期改定で日慢協
慢性期の入院調査、報告書骨子案を了承
介護施設の医療ニーズ調査など提案へ―慢性期分科会
慢性期入院調査の報告書案を大筋了承

<国会>会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
<防災白書>ボランティアの重要性強調(毎日新聞)
介護給付等費用適正化事業、「内容を厳密に見直すべき」(医療介護CBニュース)
2009年度の中途採用実績は大幅減、2010年度は?(Business Media 誠)
一龍斎貞水さん 肺がん手術で入院(毎日新聞)

<訃報>石橋博良さん63歳=ウェザーニューズ会長(毎日新聞)

 石橋博良さん63歳(いしばし・ひろよし=ウェザーニューズ会長)22日、十二指腸乳頭部がんのため死去。葬儀は近親者で行う。お別れの会を後日開く予定。

 1986年、民間気象会社「ウェザーニューズ」を設立し、社長に就任。99年から会長を兼ね、06年に社長を退いた。

顔のやけど、男女差「違憲」=女性より低い認定、男性の訴え認める―京都地裁(時事通信)
未承認薬開発、来秋にはある程度の実績を―製薬協新会長(医療介護CBニュース)
これからも応援したい、と思う一発芸人は?(Business Media 誠)
<口蹄疫>ワクチン接種99.5%終了(毎日新聞)
メガネなしで3D体感 技研公開2010(産経新聞)

<北教組不正献金>木村被告、起訴内容認める 禁固6月求刑(毎日新聞)

 北海道教職員組合(北教組)の不正献金事件で、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)の罪に問われた民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)陣営の会計責任者、木村美智留被告(46)は18日、札幌地裁(辻川靖夫裁判長)の初公判で起訴内容を全面的に認めた。検察側は論告で「違法性を認識しながら北教組側に寄付を求めた悪質な行為」と禁固6月を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。判決は6月9日。

 木村被告は自治労道本部財政局長で、現在起訴休職中。起訴状によると、北教組委員長(09年6月死亡)から08年12月〜09年5月に400万円ずつ3回の計1200万円、09年7月に北教組委員長代理の長田秀樹被告から400万円を受け取り、党5区支部ではなく自分名義の銀行口座に入れたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、違法献金は小林事務所の資金繰りに窮した木村被告から持ちかけたと指摘。被告人質問で木村被告は「民主党からの交付金で賄えると考えていたが、08年11月に年内解散の見込みがなくなる一方で当時の選対委員長が事務所の継続を決めたため、活動資金提供を依頼した」と説明した。「収支報告書に計上できない性質のお金だと認識していた」と違法性を理解していたことも認めた。

 小林氏に資金繰りの相談をしたかどうかは「05年衆院選の落選以降、(小林氏は)生活にも窮する状態だったので、相談や資金要請は考えてもみなかった」と述べた。

 木村被告に資金提供したとされる長田被告と団体としての北教組の初公判は19日に開かれ、いずれも違法献金を認める方針。【久野華代】

【関連ニュース
北教組事件:資金提供認める方針 2被告争う姿勢から一転
北教組事件:政権に追い打ち 小林氏進退「世論の動向で」
北教組事件:小林氏続投 地元民主に賛否
北教組事件:1600万円原資は未解明 被告黙秘続ける
北教組事件:小林千代美氏、議員辞職せず「職責を全う」

主力品の売り上げ縮小で微減収―小野薬品工業(医療介護CBニュース)
後発医薬品や新薬2製品が好調―明治HD(医療介護CBニュース)
男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取―大阪府警(時事通信)
徳之島3町長との会談に意欲=住民グループに協力要請−官房長官(時事通信)
野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)

奇妙な海の動物群、繁栄続く=約5億年前の化石発見−モロッコ(時事通信)

 アフリカ北西部モロッコの古生代オルドビス紀(5億〜4億4000万年前)前期の地層から、それより古いカンブリア紀(5億4000万〜5億年前)に繁栄した奇妙な海の動物群とよく似た化石が約1500個見つかった。米エール大などの国際研究チームが13日付の英科学誌ネイチャーに発表した。これらの動物群は、これまで考えられていたより長く生息していた可能性が高いという。
 カンブリア紀の動物群は、カナダ西部の「バージェス頁岩(けつがん)」で見つかった三葉虫や、エビに似た「アノマロカリス」などの化石が知られる。動物の種類が急増した後で、現存種の祖先とみられる種もいたが、全身とげに覆われた奇妙な形の絶滅種が多かった。
 地球上の大陸が移動と集散を繰り返していた時代で、これらの動物群は、当時は温暖な低緯度地方に生息し、カンブリア紀の中期後半には大半が絶滅したと推測されてきた。しかし、オルドビス紀前期に、当時は南極に近かったモロッコでよく似た化石が多数見つかったことから、繁栄が長く、地球規模で続いたと考えられるという。 

【関連ニュース
特集・恐竜図鑑〜新種の翼竜、あごに多数の歯〜
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
テン、富山の動物園へ=トキのケージで捕獲

<水上バイク転覆>捜索再開 2人死亡1人不明(毎日新聞)
働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意(産経新聞)
公園で15歳少女4人に援交迫る 容疑の大阪府立高教諭を逮捕「遊び半分だった」(産経新聞)
山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑−ビル管理男性から・警視庁(時事通信)
NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)

<テレ朝>金属入り脅迫文届く(毎日新聞)

 テレビ朝日(東京都港区)に20日、散弾銃の実弾のような金属と脅迫めいた手紙を同封した封書が送り付けられていたことが分かった。警視庁麻布署は脅迫容疑で捜査している。

 麻布署によると、封書には金属1個と特定の番組名を挙げて「反日放送をやめろ。中国と北朝鮮を支援するような発言をやめろ」とペンで手書きされた文書が同封されていた。あて名は「テレビ朝日御中」で、差出人の記載はなかった。

 同社には1月18日にも、銃弾と民主党に関する報道を批判する内容の文書が入った封書が届き、麻布署が脅迫容疑で捜査している。

 テレビ朝日広報部は「警察の捜査を見守っている」とコメントした。【内橋寿明】

【関連ニュース
ローソン:脅迫文に「商品に毒物入れる」
ローソン:3000万円要求の脅迫文書が届く…警視庁捜査
ストーカー事件:初公判で認否留保 ノエビア元副社長
テレビ朝日:通販商品 放送と仕様が異なり商品を再発送
恐喝未遂:1回約700万円を請求、京都のホストを逮捕

民主の横浜市議が日本創新党へ(産経新聞)
高速新料金、6月実施困難に=国会審議経ての修正に含み−前原国交相(時事通信)
車両不具合1.7万人影響 大阪のJR片町線(産経新聞)
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)
滝桜 夜空に樹齢1000年 福島・三春(毎日新聞)

外国人参政権、慎重に=直嶋経産相(時事通信)

 直嶋正行経済産業相は20日の閣議後会見で、永住外国人の地方参政権をめぐる議論について、推進派と慎重派で「民主党内の意見が二分されている」との現状認識を踏まえた上で、党としては「慎重にした方がいい」と述べた。
 直嶋氏は「地域のさまざまな意見を反映する意味で、特に投票権は認めた方が、日本の社会が安定する効果がある。歴代の党執行部はそういう発想を持っている」とする一方、「慎重な議員が増えているのも事実」との見方を示した。その上で「わたし自身は、投票権だけは認めてもいいという考え方を持っているが、党としての扱いは難しい問題だ」と語った。 

高速新料金法案、政権内で再議論=割引財源から道路建設−前原国交相(時事通信)
欧州の日本人も、成田の外国人もSOS(読売新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)
亀井氏「外国人参政権付与は日本滅ぼす」(読売新聞)
ライター、回収も検討へ 消費者庁(産経新聞)

コンビニ強盗未遂容疑で再逮捕=41歳米国人男−警視庁(時事通信)

 コンビニで現金を奪おうとしたとして、警視庁中央署は19日、強盗未遂容疑で、東京都中央区湊、米国籍で無職のロバート・ブルース・マッキース容疑者(41)を再逮捕した。同署によると、「自分で使う金が欲しかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年10月7日午後4時ごろ、中央区八丁堀のコンビニ「ローソン八丁堀4丁目店」で、41歳だった男性店長に背後から刃物のようなものを突き付けて「アイ・ウォント・マネー」と脅し、現金を奪おうとした疑い。
 同署によると、店長が英語で「防犯カメラに顔が写っている」と伝えたところ、何も取らずに逃走した。店長にけがはなかった。
 同容疑者は先月27日に同区新川のコンビニで約14万円を奪ったとして逮捕され、起訴されていた。 

【関連ニュース
78歳女性、自宅で殺害か=強盗殺人で捜査本部
強盗致傷容疑で19歳逮捕=金券店主殴り32万円
新たに頭部発見=胴体は女性会社員と確認
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑

立川談志さん 高座に復帰(毎日新聞)
「裕福な生活したかった」グッチ偽物ネット販売、容疑の女逮捕 神奈川(産経新聞)
<法務省所管法人>元最高裁判事の理事長に無利子貸付(毎日新聞)
<法務省所管法人>元最高裁判事の理事長に無利子貸付(毎日新聞)
民主、参院愛媛に女性新人=小沢氏発表、社民は反発(時事通信)

新種の貝、志摩半島沖で発見=「単板綱」に分類、日本初−三重大(時事通信)

 三重県志摩半島の南の沖で、三重大生物資源学部のグループが新種の貝を発見した。1枚の平らな殻を持ち、二枚貝や巻き貝と比べて原始的で、生物の分類単位「界・門・綱・目・科・属・種」で上位から3番目の「綱」の一つ「単板綱」に分類される。単板綱の貝の発見は日本初といい、10日から名古屋大で開かれる日本貝類学会でグループの木村昭一研究員が発表する。
 木村研究員によると、昨年10月29日、グループが採集実習中、水深約800メートルの海底で採取した。体長約3ミリ、貝殻は半透明で見た目は魚のうろこのよう。口の周囲にひげ状の突起や左右に5対のえらがあり、足を使って動いていたとみられるという。実習船「勢水丸」にちなみ「セイスイガイ」と命名された。 

【関連ニュース
陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見
世界で290の新種発見=マメ科巨木や高山のランなど
初期恐竜解明に手掛かり=北米最古級、新種化石発見
大型レッサーパンダの化石発見=350万年前、シベリア湖畔で
琵琶湖で新種カイミジンコ発見=固有種の可能性も

日中関係への影響懸念=千葉法相(時事通信)
将棋 羽生先勝 名人戦第1局(毎日新聞)
<新党>参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)
野口聡一飛行士 宇宙からオーロラ撮影(毎日新聞)
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし−ソマリア海域(時事通信)

<シー・シェパード>日本側の対応批判 元船長起訴の方針に(毎日新聞)

 【ジャカルタ佐藤賢二郎】東京地検が反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーで抗議船「アディ・ギル」号の元船長、ピーター・ベスーン容疑者(44)を起訴する方針を固めたことを受け、ポール・ワトソンSS代表は1日、毎日新聞の電話取材に応じた。

 同船長は「(日本の調査捕鯨船団監視船)第2昭南丸はアディ・ギル号に故意に衝突し、破壊した」とこれまでの主張を繰り返し、「裁かれるべきはベスーン船長ではなく、第2昭南丸の船長だ」と日本側の対応を厳しく批判した。

 また、SSの抗議活動が今後、法廷で裁かれる見通しとなったことについて、「日本の法廷が正当な判断を下すことを期待する」と語った。

【関連ニュース
シー・シェパード:抗議船長を追送検…傷害容疑は否認
シー・シェパード:抗議船長を傷害容疑などで追送検へ
シー・シェパード:船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検
シー・シェパード:監視船が下関入港 水産庁が調査
シー・シェパード:抗議船船長の拘置延長

谷垣総裁 自民執行部の刷新を拒否(スポーツ報知)
向田邦子賞、初の受賞者無し(時事通信)
原口総務相、ユーストリームで“ゲリラ会見” 広報室「聞いてない」(産経新聞)
山崎さん、機体点検の初仕事=7日宇宙基地へ−野口さんら「すしパーティー」(時事通信)
中国死刑執行見通しで首相「残念だがいかんともしがたい」 法相は刑事手続きに疑問(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。