So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

石川容疑者「本当のこと言う」、逮捕直前父に(読売新聞)

 石川容疑者の父勲さん(70)が24日、北海道足寄町の自宅で報道陣の取材に応じ、逮捕直前の様子を明かした。

 逮捕前日の今月14日午後10時過ぎ、石川容疑者から電話があり、「虚偽記載で2004年にまずいことをした」と打ち明けられた。この時は、「(検察に)本当のことを言うしかない」と話していたという。

 一方、勲さんは今月2日、帰省中の石川容疑者に、水谷建設から金を受け取ったのかと尋ねたところ、石川容疑者は「もらってない」と血相を変えて否定したという。勲さんは「事実が明らかになり、職務に復帰できることを願っている」と語った。

ハイチ大地震 精力的な報道続ける米メディア(産経新聞)
橋下知事も執務? “咲洲庁舎”6部4委2100人移転案(産経新聞)
中国籍の女に無期懲役=夫ら3人死亡、1人のみ殺害認定−1人は傷害致死・大阪地裁(時事通信)
新型インフル 輸入ワクチン不要 46都道府県希望せず(産経新聞)
<保険金横領容疑>元郵便局長を逮捕 静岡県警(毎日新聞)

2氏が届け出=津市長選(時事通信)

 任期満了に伴う津市長選は24日告示され、共産党公認の新人で元市議の岡野恵美氏(57)と、無所属の現職で再選を目指す松田直久氏(55)の2氏が立候補を届け出た。投開票日は31日。
 岡野氏は、市長の月給とボーナスを半額、退職金を全額カットすることなどを公約に掲げている。4年前の10市町村による合併を受けて行われた市長選で初当選した松田氏は、職員数の削減をはじめとする行政改革や救急医療体制の整備など1期目の実績を訴える。 

【関連ニュース】
名護市長選、投票進む=普天間移設に影響
名護市長選、24日投開票=普天間争点に最後の訴え
名護市長選結果「尊重する」=北沢防衛相
名護市長選、住民意思を注視=普天間移設問題で
名護市長選、24日投開票=期日前、前回の1.5倍

小沢幹事長事務所への弾は実弾(産経新聞)
「女から覚せい剤もらった」=交際継続動機か、証拠品着服も−千葉県警警部補(時事通信)
<防衛省>「うそ発見器検査」明記 隊員から誓約書(毎日新聞)
菅家さん「全然かかわっていません」(産経新聞)
占い、マッサージ…献血PRへ多彩なサービス (産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。